やすらぎの郷 後番組 トットちゃん! あらすじ 12話

スポンサードリンク
やすらぎの郷 後番組 トットちゃん! あらすじ 12話

昼ドラ「やすらぎの郷」は、倉本聰が脚本を手掛けるオリジナル作品です。


(画像をクリックすると商品紹介のページに行きます。)



感動の最終回で幕を閉じました。

気になる後番組は、清野菜名&松下奈緒がダブル主演 「トットちゃん!」が始まります。

10月17日(火) は、12話目の放送となります。

物語は、どんな展開となるのか・・・

やすらぎの郷 後番組 トットちゃん! あらすじ 12話は、下記の内容となります。

徹子(豊嶋花)は駅前で、怪しい男(なだぎ武)が、噛むと病気にかかっているかどうかがわかるという“木の皮”を売っているのを見つける。

好奇心を抑えきれない徹子は、校長・小林(竹中直人)から20銭を借りて買って来る。

小林や教師たち、一部の生徒たちは詐欺だと分かっていたが、徹子の純粋さに付き合う。

以上が、やすらぎの郷 後番組 トットちゃん! あらすじ 12話の紹介でした。

★中島みゆきさんが歌う やすらぎの郷の主題歌 慕情を楽天市場で購入する★

★中島みゆきさんが歌う やすらぎの郷の主題歌 慕情をAmazonで購入する★

やすらぎの郷 後番組 トットちゃん!の放送はテレビ朝日系 にて毎週月曜~金曜 12:30~12:50です。

どうぞ、お楽しみください。

★清野菜名&松下奈緒がダブル主演!トットちゃん!の詳しい情報は、こちらをチェック!!★
スポンサードリンク

この記事へのコメント